東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

静岡おでんを鍋から鍋に

静岡でじっくり煮込んだ「おでんといなり寿司」を届けに来てくれた家族がいます。その量100人分。

炊き出しをしたくても、被災地に行って、ガスや、水を借りては、かえってご迷惑です。

この家族のアイデイアはすごい! 1集落25軒ほどのところに、「おでんを届けます。お鍋を持ってきてください!」と声をかけたのです。行ってから暖めたり配ったり、後片付けをする手間もいりません。

高田町、太田のこの地域は幸い、震災を免れましたが、水も食料も無く大変困っていました。牛筋ともつの入った静岡おでんは、「こんなご馳走は久しぶりだから、夕ご飯にいただきます」と大変喜ばれたそうです。

丁度番屋に頂いていた、生花とお線香も持っていったら、これも有り難いとのこと。久しぶりに仏壇に生花がそなえられました。

静岡で大量の買い出しをして、おでんを煮込み、いなり寿司を作って下さった沓谷の皆様、本当にありがとうございました。そしてお花とお線香、ろうそくを届けて下さった盛岡の方、お心遣いありがとうございました。確かにお届けいたしました。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。